ウェイクのライバル車について

ライバル競合を狙っていこう

新車値引きの基本と言えばライバル車との競合。しかしウェイクは一般的な軽自動車とは毛色が異なるため、なかなか競合できる車がない状況です。

 

ですが、競合ができないわけではありません。ここでは、ライバル車として成立する車と、そのアピールポイントを紹介します。

 

ライバル筆頭はハスラー

 

似た車がないウェイクですが、「ユニーク性」という意味ではハスラーが競合相手になります。ハスラーもデザインやSUVのようなスペックから人気を集めており、ダイハツにとっては脅威となっています。当然ウェイクに関しても、ハスラーが相手だと営業マンのやる気のスイッチがはいる可能性が高いです。

 

とはいえ、ウェイクとハスラーではジャンルが違います。なのでアピールポイントとしては「オフロードに強い車も魅力的。その点ハスラーはウェイクよりも安心感がある」などと言えば営業マンも納得するでしょう。あとは「ウェイクがもう少し安くなるなら決めてもいいんだけど…」と伝えて値引きを煽りましょう。

 

ホンダのNシリーズは競合の可能性アリ

 

軽自動車の市場を見ると、ホンダのN-ONEやN-BOXが売り上げを伸ばしています。そのためダイハツもライバル視しており、ウェイクの競合として警戒している可能性があります。

 

車としてのジャンルは違いますが、ウェイクとNシリーズは「若者向け」という部分が似ています。なので「N-BOXはデザインがかっこいいからウェイクと悩んでいる。ウェイクの方が荷物が積めるし使い勝手はよさそうだけど…」などといってアピールするとよいでしょう。

 

その他の軽自動車は?

 

軽自動車と言えば他にもムーヴやワゴンRなどいろいろありますが、どれもウェイクとは毛色が違いすぎて競合はしにくい部分があります。絶対に不可能ではありませんが、高い交渉テクニックが必要なので効率を考えれば避けたほうがいいかもしれません。それよりは、ハスラーやNシリーズとの競合に全力をかけたほうがよいでしょう。